ルーヴル美術館と聖書

Resumen del Libro:


libro ルーヴル美術館と聖書

女神崇拝、処女と幼子のシンボル、地獄、魂の不滅性と裁きの日、十字架そして 三位一体。これらの考えはクリスチャン のものだったでしょうか?それとも既 にエジプトに存在していたものでしょうか? このシリーズの3番目ではこれらの質問に対する分かりやすい答えを提供します。 このガイドを通じてこれまでとは全く違った観点からルーブル美術館を見ること ができるでしょう。


Autores del Libro:


Formatos Disponibles: PDF / EPUB

Opciones de descarga:

Para conseguir una copia de este libro puedes usar alguna de las siguientes opciones de descarga:

¿Te has leído este libro? ¿Qué te ha parecido?